不動産投資信託(Jリート)の指標

主要なJリートの指標

 

Jリートを個別銘柄で購入しようと思う時、どれがいいのか迷いますよね?

また、購入した後も業績とかを判断するのに知っておいた方がいいと思うJリートの主な指標をご紹介したいと思います。

NAV倍率

この指標は、株価1株に対して、何倍まで買われているのかを知る指標です。

(保有資産-負債)÷発行済み株式数=理論株価

この理論株価と現在の株価を比較してやすいか、高いかを判断します。

NAV倍率=現在の株価÷理論株価

NAV倍率が「1」以下であれば割安と判断し、「1」以上であれば、割高感となり買われていると判断します。

FFO倍率

この指標は、1株当たりのキャッシュを生み出している指標を検討するものになります。

FFO倍率=現在の株価÷FFO

※FFO=(当期純利益+減価償却費+売却損-売却益)÷発行済み株式数

この指標が小さいほど割安となります。

NOI

この指標は、企業業績でいうところの営業利益率になるため高いほど効率よく運営していることが分かります。

NOI=賃料収入-運営費-管理費

利益率=NOI÷物件価格

LTV

この指標は、リートの有利子負債の比率を求めます。

当然ながら低いほど借金が少ないということなので、財務的な健全性が高くなります。

最後に

以上、リートの個別銘柄の購入を検討する際に、参考となる指標をいくつかご紹介しました。

その他、リートには、スポンサーの大小や、テナントビル専門、住居専門、というものを検討して自分の好みの銘柄を決めることになります。

スポンサーは、当然ながら大手の会社がいいですが、分配金が健全すぎる(利回りが低め)面もあります。

住居系は、家賃の変動が比較的少なく、空室リスクも事業系に比較して安定しているので、分配金が比較的安定していたりします。

私的には、はじめは、株価の低いものから選択するのがいいかなと思います。