自筆証書遺言

自筆証書遺言について

メリット

この遺言のメリットは以下のようなことです。

  • 手軽
  • 費用がかからない(紙代、封筒代、筆記用具代のみ)
  • 秘密性がある

まず、手軽です。

思い立ったその時に、書けます。

費用が掛からない。

紙と筆記用具があれば、書くことができるので、ほとんど費用が掛かりません。

そして、書いたものを封筒に入れれば完成です。

最後に、証人が必要ないので誰にも知られずに、自分の思うままに書き記すことができます。

デメリット

では、デメリットはどのようなものになるでしょうか?

  • 書き方が決まっている
  • 検認が必要
  • 偽造、変造のリスク

書き方が、法律できまっているため、この通りでないと認められないことになります。

また、検認という手続きが必要ですので、相続人の方が遺言書を見つけた場でも、その場で開封していけません。

そして、最後に偽造、変造のリスクがある可能性があります。

自筆の遺言書は、その一通しかないので、内容を別のものに作成される、捨てられる等のリスクがあげられます。

形式

自筆証書の形式については、民法で次のように規定されています。

「自筆証書遺言は、遺言者がその全文、日付および氏名を自書し、これに押印することによって成立する」

  1. 自書とは遺言者が自分の手で書くこと
  2. 全文とは遺言書の本文です。全文の中の一部を他人が書いた場合は、効力が否定される可能性があります
  3. 日付については、日付印の使用はできない、〇月吉日はダメ、末日はオッケーです。
  4. 氏名というのは、通常は本名ですが、戸籍上の氏名でなくても、ペンネームでも遺言者が誰かを特定できれば大丈夫です。
  5. 押印は、実印でなくても認印、拇印、指印でも可ですが遺言者が死亡した場合は、正否の確認がとれなくなってしまうのでやめておいた方がいいと思います。

検認とは

検認の手続きは、公正証書遺言以外の遺言書が対象になります。

目的は、遺言の存在、内容を知らせる、偽造、変造防止です。

手続き

  1. 検認申立書を遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出
  2. 家裁より検認期日の通知
  3. 検認期日に遺言書を提出して相続人立会いで検認する

このような流れになります。

最後に

自筆証書遺言は、思いついたその時に作成できるのがメリットとなりますが、検認の手続きに時間がかかることと、相続人が正否を疑った場合が一番のデメリットとなります。

ただ、何もない状態が一番よくないと思うので、「思い立ったら吉日」ということで作成されるほうがいいと思います。

ただし、遺言書に吉日はダメですので、一応念のため(笑)。