公正証書遺言

公正証書遺言

メリット

公正証書遺言のメリットは以下のことがあります。

  1. 検認がいらない
  2. 無効となることが少ない
  3. 偽造、変造、滅失リスクがない

1の「検認がいらない」というのが、公正証書遺言の大きなメリットになります。

公正証書遺言以外のものは、家庭裁判所で、「検認」の手続きが必要なため、この手続きが終了するまで何もできないので時間を無駄にしてしまいます。

2の「無効となることが少ない」というのは、公正証書遺言というなの通り、公証役場で公証人の方が、文面を確認しながら作成してくれるので、形式上無効となることがほとんどありません。

3の「偽造、変造、滅失リスクがない」というのは、公正証書遺言は、作成後、本人も持っていますが公証役場にも同じものが保存されています。

そのため、変造などができませんし、万が一紛失しても、大丈夫ということです。

デメリット

以下の点が、デメリットとなります。

  1. 費用がかかる
  2. 証人が2人必要
  3. 秘密性

1「費用がかかる」というのは、公証役場で作成するため、遺言書に記載する資産の額に応じて変動することになるのですが、作成費用がかかります。

2「証人が2人必要」というのは、この遺言書を作成するためには、遺言者の相続に関係ない成人の大人が2人必要になります。

この証人は、公証役場でも頼めますし、行政書士や司法書士などに頼むことも可能ですが、どちらのも費用が発生します。

3「秘密性」は、先ほどの証人にも関係してきますが、壁に耳あり、障子に耳あり ということわざがあるように、自分1人が関与して作成しているわけではないので、万が一でも内容が漏れる可能性は否定できない、ということです。

作成方法

公正証書遺言の作成手順についてです。

まず、証人2人の方と公証役場に向かいます。

そこで、遺言する人が、遺言の趣旨を公証人に話します。

そして、公証人の方がその内容を筆記して、遺言する人に内容の確認をしてもらって、大丈夫なら、遺言する人と証人と公証人が署名押印して完了となります。

 遺言登録システム

この遺言の特徴の一つに、遺言書が作られていたかを検索できてしまうというものがあります。

これは、被相続人が死亡したことを証明する資料、自分が相続人だという資料を持って公証役場で検索してもらえるシステムです。

これで、遺言書が見つかれば、公正証書遺言が保管されている公証役場で遺言書の謄本を交付してもらうことが可能です。

最後に

遺言書に対する厳格な手続きを求めるならば、公正証書遺言になるかと思います。

手軽さでいけば、自筆証書遺言です。

相続は、遺留分の問題がでてきたりしますので、遺言書の内容通りにならないこともあります。

そういう時は、民事信託や生命保険の活用なども必要になってきます。