不動産の相続問題

相続開始時の不動産

次のような家族構成で、遺言書もなくお父さんがなくなったときの

相続を考えてみたいと思います。

 

 

持ち家一軒だけが相続財産であったと仮定します.

相続人と持分割合

相続人は、この場合お母さん、子A、子Bとなり、持分は以下の通りです。

お母さん=1/2

子A=1/4

子B=1/4

このように相続人の共有財産となります。

f:id:mrgj:20170607072722p:plain

共有解消方法

売却して現金化

売却することで、現金ができます。

こうすることで不動産の評価額についてもめることなく、法定相続分通りに分けることができます。

ただし、住む家がなくなりますので、その後、賃貸物件に住むのか、別の物件を購入するのかを考えておかないといけません。

f:id:mrgj:20170607073443p:plain

持分譲渡

誰かに持分を集中させるという方法もあります。

例えば、子供A、Bの持分を母にそれぞれが譲渡することで母一人の持分となります。

ただ、このケースでよくあるのが、この譲渡価額でもめることです。

多分、遺産相続の多くがこういった評価の問題で争いになっています。

また、買い取る側も現金がないと支払えませんので、その点も持分譲渡をする場合には留意することになります。

f:id:mrgj:20170607074305p:plain

共有状態保持

このままにしておくという方法もないことはないです。

ただ、このままだと、後々さらに相続が発生した場合に遺恨を残す場合もあります。

例えば、遺産相続中に、先に子供Aが死亡した場合で妻、子供がいた場合相続人がさらに増えることとなります。(妻、子供)

同様のことが子供Bでも考えられます。

このように一概には言えませんが相続人が増えれば、解決まで時間がかかることが多くなりがちです。

そのため共有状態の保持はあまりお勧めしません。

最後に

このように、遺言書がないと特に不動産は争続問題に発展することが多くなります。

相続開始にともない、遺言書等がないと相続人の共有財産となります。

とりあえず遺言書があれば、共有状態の解消の一助にはなります。

(遺留分等の問題が残るケースもありますが・・・ )

共有状態では、人に貸すことも、修繕するにも不都合が生じることが多々でてきます。

何年も裁判をすることになれば、相続人同士の関係悪化につながりかねません。

例え、戸建1軒、マンション1部屋でもお持ちの場合は遺言書の作成を検討されることをお勧めいたします。