老後に備える契約書

老後に備える契約書

こんにちは。

今日は、老後について考えてみます。

体が不自由になった場合や、一人暮らしをしている場合で身内が遠くにいて迅速な対応をとってくれないかもしれない、自分の死後の手続きのことを誰かに委任しておきたいという時に備えておくための契約をご紹介します。

財産管理等委任契約

この契約書は、自分の体が不自由になったときに備えて締結しておくものです。

次のような金銭的な手続きに関する手続きを委任することができます。

  • 不動産の管理
  • 銀行口座の管理
  • 証券口座の管理
  • 福祉サービスの利用の金銭管理

この契約を作成するには方式は特に定めはないのですが、効力発生期間や代理してもらう事項は、最低限決めておいたほうがいいです。

銀行にいったりするのは、なかなか大変なものですのでこういう契約は役にたつものと思われます。

実務的には、契約後一度金融機関等に挨拶をしておくと、手続きがスムーズに進みます。

身元保証契約書

身元を保証してくれる人がいない場合に、入院などの手続きに備えて保証してもらう契約になります。

見守り契約

老後、一人暮らしなどで、生活の状況を確認してもらう契約です。

内容は、特に決まりはありませんが、「月1回電話や訪問で安否の確認をする」、「希望があった場合は都度面接をする」というような内容が主なものになります。

死後事務委任契約

老後が一人暮らしで、身内が遠方の方で対応が大変の場合など、自分の死後の手続きについて委任をしておく契約です。

内容としては以下のような事項があげられます。

  • 葬儀に関すること
  • お墓に関すること
  • 貸家の場合の敷金の精算に関すること

この契約については、法律上は、「死んだ場合は契約が終了する」という定めになっていますので、効力は無効という議論と、杓子定規に解釈をとるべきではなく、生前に委任していることなので効力は有効という、解釈で、意見が分かれている面もありますが、私は、亡くなった方の意思表示なので、有効だと考えます。

最後に

年をとるというのは、人間避けて通れないものです。

健康でいられるのが一番ですが、不測の事態に備えておくというのも必要なのかもしれません。