空き家の活用方法

空き家を活用する方法

こんにちは。

今日は空き家の活用方法などについて書きたいと思います。

空き家の現状

2013年の調査で、空き家の数は820万戸となっており空き家率は13.5%となっています。

今後もこの空き家は増え続けて、2030年頃には、空き家率が約30%に達する見込みとなるようです。

30%というと3戸に1戸が空き家になる試算です。

国の対策

こういった空き家の現状を踏まえて国も、対策をしています。

改正住宅セーフティネット法

この法律は、高齢者、低所得者、障害者などの一般的に民間の賃貸住宅を借りることが難しくなっている人を対象として、国が支援しようというものです。

まず、一定の基準を満たしている空き家や空き部屋のオーナーが、空き家として登録をします。

その後、高齢者、低所得者等の方が契約をするというものです。

オーナーとしては、家賃の補助として最大4万円の家賃補助があることや、耐震改修で最大200万円の補助があることが大きなメリットとなります。

安心R住宅

この制度は。既存住宅の「不安」「汚い」などの中古住宅のイメージを払しょくするために創設された制度です。

例えば、耐震性が問題ないとか、雨漏りがないとか、現況の室内写真がある等を、情報公開して「安心R住宅」という商標を使い、購入者が安心できるものとするものです。

車でいうと、ディーラー系の中古車屋さんで買うイメージが近いかなと思います。

活用の色々

空き家の活用事例は色々あるかと思いますが、活用例を挙げてみたいと思います。

活用の種類

ます、空き家の活用の種類は主に以下のような方法です。

  • 売る
  • リフォームなどをして貸す
  • 更地にして貸す
  • 自分で利用する

この中で一番すっきりなのが、「売る」ですが、相続もめてる場合やその土地に愛着があるなどの事情がある時は利用できません。

次に、「貸す」ですが、この方法が一番手軽ですが、相続でもめてる場合は、賃貸借期間にも制限が出る可能性もありますし、借り手が見つかるかという問題、リフォーム費用の問題などがあります。

そのため、相続で特に何もしていない場合は、法定相続人の共有財産となっていますので、その解決をしてからにするか、共有名義のままにしておくのかを考えなくてはいけません。

もし、共有名義を解消したいと思ったらまずは、遺産分割協議書の作成が必須となります。

協議が難航し、その作成が上手くいかない場合は、裁判所の手を借りることとなってしまいます。

最後に「自分で利用する」ですが、この方法は、ちょっと前にはやった太陽光パネルの設置などで収入を得るという方法もあります。しかし、今は買取単価も減額していますので、メリットが減りつつあります。

用途変更

活用事例としてよくある方法は、用途や仕様を変えるというのが多いです。

戸建住宅をシェアハウス、レンタルオフィスなどに変える。

古びた店舗をニーズにあった店に変える。

こういったリノベーションが当たれば、空き家が高収益物件に生まれ変わる可能性が高くなります。

ただ、改修費用が高額になってくるので、融資を受けることができるか?または資本のある人と上手く提携できるか?という金銭面の問題をクリアする必要があります。

二地域居住

生活に多少の変化をつけたい人向けに、二地域居住という方法もあります。

この方法は、平日は都心を中心に生活することを変えずに、会社勤めをして家に帰りますが、休日には、地方での生活をするというもので、いわゆる別荘的な感じになります。

地方の家は、空き家を活用することで安く購入できたり借りられたりできる場合があるので、所有者と居住希望者双方のメリットにつながる可能性もありますね。

居住する家を購入するのか、借りるのかは、人それぞれの選択になってきますが、農業をしたり地方の方と交流をもったりすることは、有意義なものになりえます。

こういう利用をすることにより、人がいないと建物や土地が荒れてしまうことを防ぐことができます。

最後に

この他にも有効活用の方法は色々あります。

知恵を出し合って納得いく活用ができるようにしていくことが大切ですね。