定期借家契約について

定期借家契約について

こんにちは。

今日は、今更ですが、いまこそなので定期借家契約についてです。

普通借家契約とは

普通の借家契約では、例えば2年間の契約期間を定めて、特に問題なければそのまま更新契約をして住続けることができます。

その上、借家人の権利がとても強く、万が一1,2ヶ月の家賃滞納があっても、多少の契約違反があっても、契約の解除にはなりません。

そういう意味では、借りる側としては、安心できる契約ですが、貸す側としては、契約解除をしたくてもできないことが多く、「こんなはずではー」ということにもなりかねません。

主な特徴については以下の通りです。

  •  契約期間を1年未満にすると期間の定め無と同じとなって3ヶ月前の解約予告期間となります。
  • 契約期間満了までに更新契約をしないと法定更新
  • 口頭での契約も成立要件
  • 賃料減額請求は排除できない

定期借家契約とは

まず、定期借家契約とはどんなものか?ということですが、私もこの制度ができた時は、「こんな契約なんで必要なんだ」と思ったことがあります。

というのも、期限が決まっていて、期間満了したら退去しなきゃならないからです。

入居した人も退去日が決まっているなんて、おちおち住んでられないよなー、なんて思ったりしたからです。

そんな定期借家契約の特徴は以下の通りです。

  • 期間を定めて契約して、契約期間満了で当然に終了
  • 契約期間によっては、途中で書面を交付する
  • 1年未満の契約可能
  • 期間満了後の再契約可能
  • 賃料減額請求の排除可能

活用方法

このような特徴を持つ定期借家契約をどのように活用するか?

先ほどの私の浅はかな考えは、こう考えると解決できます。

例えば、入居希望の方がいて、家賃の支払いや、マナーなどちょっと信用性が足りないかな?と思う方や、1ヶ月だけ借りたい人がいた場合などで活用できると思います。

普通借家契約で契約した場合は、1年未満の契約は、契約期間がないものとみなされることとなりますし、ちょっと、家賃の支払いやマナーなどで、不安のある入居希望の方を、入居後にやっぱり解約したいと思っても「信頼関係が壊されているくらい」の滞納がないと解約できません。

そのためこのような定期借家契約が役に立つわけです。

私は、この定期借家契約を活用することで、借手が異常に有利な賃貸借契約が、やっと貸手と借手が対等の関係になれる気がします。

最後に

今回は定期借家契約をご紹介させていただきました。

日本では、シェアハウス等で活用していますが、まだまだ普及しているとは言い難い面もありますが、アメリカ等では、定期借家契約はごく普通の契約となっています。

住居用に限らずに事業用でも活用できるので、一度ご検討してみてもいいのではないでしょうか?