不動産投資の基礎

不動産投資ブームについて

こんにちは。

アパートやマンションを建設するメリットをまとめてみました。

大体以下のようなことになるかと思います。

アパート・マンション建設のメリット

相続税対策

万が一、相続が発生した場合に、アパートやマンションを建設した土地は、貸家建付地として評価減を受けられます。

そして、アパート、マンション自体は貸家として評価減を受けられます。

そのため、土地や現金を持っている場合は相続税算出の際に相続財産全体の評価を下げられる効果があります。

将来の年金として

アパートやマンションの収支計画が万全でキャッシュフローが無理なければ、将来の年金のかわりとして充分なものとなります。

節税

家賃としての収入は、いわゆる不動産所得となります。

個人の場合だとこの不動産所得は、他の所得との損益通算が可能です。

損益通算とは、他の所得の収入と収支を合算することができるということです。

そうすることにより、例えば、不動産投資を始めた初年度など、

経費が掛かった場合に赤字となることもあります。

その赤字の分と他の所得と合算することにより申告所得額を引き下げる効果があります。

収入が多くなって、管理会社などの法人を設立して、法人税法に基づく会計処理を行うことで、適用できる減税手段が多くなります。

管理会社からの給与とすることで給与所得控除などを活用したりすることもできます。

このように、不動産所得や収入が上がってきた場合には、合法的に税法上の恩恵を受けることが可能です。

アパマン建設のデメリット

デメリットとして、考えられるのは、投資額が大きいため、入居率の低下、周辺物件の家賃相場の下降による減収、自然災害などによる損壊など、結果として、当初の収支計画の予想を超える事態が発生したときです。

例え相続税を節税できたとしても、毎月収支が赤字になり続けて、節税分の持ち出しとなれば、節税対策が本末転倒になり全く意味がなくなってしまいます。

最低以下のことには注意すべきです。

・周辺のアパート、マンションの建設状況

・建設する予定の場所での家族構成の状況

・近隣エリアでの再開発

以上簡単ですが、不動産投資のメリットと注意点でした。