週刊雑記(会話力)

 

 

トレンディエンジェルさんの会話力

  

こんにちは。

 

今日は、この前のトレンディエンジェルさんから学んだことの、続編として会話力を取り上げてみたいと思います。

 

 はじめに

 

会話力の本って本屋にいくとかなりの数の種類が並んでいますよね。

 

それだけ、みんな会話に困ってるってことでしょうか?

 

そういう私も、会話で「もっといい切りかえしや返答ができたなあ」と後悔することもあります。

 

逆の立場で、「この人、会話つまんないなあ、ネタがつまんないなあ」と思うこともありますし、「この人、気が合うなあ、面白いなあ、勉強になるなあ」という人もいるのでそうなると、「力になれることないかなあ?」と思ったりもします。

 

今は、通販などインターネットが主流となりつつありますが、価格では比較できないことってあると思うんですよね。

 

そうなると、最終的な判断ポイントは「その人」になると思うので、会話というものはとても重要なものなので注目してみたいと思います。

 

トレンディ齋藤さんの会話のポイント

 

 斉藤さんの会話のポイントとして、次のようなことを言っていました。

  • 相手に興味を持つ
  • 共通のネタ探し
  • 相手の会話にのっかる

 

興味を持つ

 

まず、「相手に興味を持つ」というのは、確かにそうですよね。

 

興味を持つことで、相手の趣味などを聞きたくなりますからね。

 

相手の方が日焼けしている感じだとしたら、「ゴルフ、サーフィン、スキーなどをやっているのかな?」とか考えたりしますよね。

 

 こういう相手への興味というか、洞察力がキーポイントになりますよね。

 

共通のネタ

 

 こういう仮説を自分で立てたら次は、共通のネタを探し出せればいいということでした。

 

「ゴルフで焼けちゃったよ。」

 

「ゴルフですか、私もこの間行ってきましたよ。」

 

みたいな共通の話題が探せれば最高ですよね。

 

会話に乗る

 

共通の話題が見つかったら、後は、会話に乗っかっていくだけということでした。

 

「あそこのゴルフ場は、プレーしやすいよね。」

 

「ですよね、あそこは、やりやすいですよ。」

 

みたいな感じでしょうか?

 

斉藤さんは、ネタとして、「私もそうです。」、「それも一緒です。」、「全部一緒です。」みたいな感じで言ってましたが(笑)、それぐらいの勢いが大切なんでしょうかね。

 

でも、嘘がばれると大変なので、ほどほどということになるでしょうけど。

 

最後に

 

 このように、会話力って、きっかけを探せれば、スムーズに行くのかもしれません。

 

そのためには、自分自身の教養や情報を大量にストックしておくことが大切ですよね。

 

私は、会話を続かせるのって、重い球を転がすようなものかなと思っています。

 

重い球を動かしさえすれば、どんどん会話に加速がついていくのではないか?と思います。

 

その球を転がす方法というのが、自分自身の雑学的な情報や相手の趣味などを見極める洞察力だったりするのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です