週刊雑記(信用力)

信用力のすごさに驚いた!

 

こんにちは。

 

今日は、先日みたテレビ番組からの感想です。

それは、ある実験をして、その反応を観察するという番組です。

 

どのようなシチュエーション?

 

その番組の内容は、高級レストランで「スパ王」を出したら、注文した人は気が付くのか?ということを観察するものでした。

スパ王ってご存知でしょうか?

スパゲッティでカップメンや冷凍食品でもある食材です。

テレビでやっていることなので、100%はあてにならないのですが、結果としてわからなかった人が多数でした。

200円のスパ王ということが分からないで、2000円のスパゲッティと思い込み「美味しい」と言ってましたが、事情を知っている視聴者としては、笑える光景になっていました。

 

信用力

 

来店する人は、やっぱりこの店は、「高級=一流の味=美味しい」という方程式が頭の中で成立した状態で注文をします。

そのため、よっぽどまずくない限り、「やっぱり美味しいよね」ということになると思います。

例えば、高級ブランドの店で、1000円程度のアクセサリーが置いてあったら、「これは違う」と気が付く人がいるかということですよね。

大半の人は、ブランドで買うことが多いのではないでしょうか?

つまり、有名な店やブランドは、「信用」というものがついているので、大勢の人は疑う余地もなく信用してしまうのが、この実験の結果です。

やはり、お店や会社が繁栄していくには、信用をいかに作っていくか、そしてそれを保っていくことが大切なんだと改めて思います。

 

最後に

 

このように、一度信用というものを作り出すと、200円のスパ王でも高級レストランで通用してしまいます。

しかし、提供する側は、その信用力にアグラをかいたりするとお客さんから、いずれは敬遠されることになってしまいます。

また、逆を言うと私たちも会社やお店のブランドを時には疑うことが、大切なのかもしれません。

ひょっとしたら、その価値に値しないものに、対価を払っている可能性もありますからね。

それこそ、事情を知っている側から見たら笑える光景になってしまいますので。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です