週刊雑記(中村俊輔選手)

「ライバルの今」みたいな企画から

こんにちは。

今日は、この前スポーツニュース番組企画でやっていたことからです。

中村俊輔選手のライバル?

中村俊輔さんといえば、サッカーをやっている人なら知らない人がいないというぐらい、知名度と実力を兼ね備えたサッカー選手です。

現在は、ジュピロ磐田でプレーをしている現役Jリーガーです。

その中村選手が、ジュニア時代に、実力を高く評価していた方が、いたのですが、その方が今どうしているか?という企画でした。

どのような方だったか?

中村選手が認めた方は、冨田さんという方でした。

この方は、中村選手が当時入っていた横浜Fマリノスのジュニア時代にともに同じチームでサッカーをやっていました。

とてもサッカーが上手く、かつ頭もよかったそうです。

人生の選択

そんな冨田選手は、高校進学と同時にマリノスのユースに上がることができましたが、中村選手はユースには入れずに桐光学園に進学し、それぞれの場所でサッカーをすることになりました。

ここで、人生の分岐点となります。

ユースに上がれなかった中村選手は、悔しい思いをしましたが、「もっと練習していつか冨田さんに勝ってやろう」と決意をしたそうです。

冨田さんは、ユースに入ってからも変わらずサッカーもうまく、ユースの代表に選ばれたりするほどでした。

そして、勉強もでき、東大を目指せるくらいの学力だったようです。

これが、人生の悪戯なのか?このことが、サッカー人生に影響を与えることとなってしまいます。

「東大現役Jリーガー」を本気で目指すことにした冨田さんは、半年くらいサッカーに接しないで勉強に専念する期間を作りました。

一生懸命勉強しましたが、残念ながら東大には合格できませんでした。

そして、受験勉強を終え、高校生活も終了した中村選手と冨田さんは、ともにマリノスに入団することとなりました。

また、一緒に練習をする日々が始まるかに思えたのですが・・・、冨田さんは、入団後1年もたたないうちに、退団してしまったそうです。

退団の理由

その当時、中村選手は、理由も聞かないし、止めることもしなかったのですが、やっと今その理由を聞いてみる、という感じでした。

理由は、半年サッカーをやめたことで、サッカーを再開した時に、以前の感覚と違う何かを感じたそうです。

そのため、モチベーションが上がらずに、退団という道を選択したようです。

天才的な感覚を持っている人だけが分かる何かなんでしょうか?

人生の正解

人生って本当にわからないですよね。

スゲーと思う選手を目標に頑張った中村選手、天才過ぎたためサッカー人生を辞める人生。

でも私は、中村選手は当然ながら、冨田さんも人生の選択は正解だと思います。

人生って後悔と反省の連続の末、今という自分があるのだと思うので。

所ジョージさんのこんなような言葉を思い出します。

私なりの記憶ではこんな感じだったと思いますので、違ってたらすいません。

「人生、あーすればよかったとか、思うこともあるけど、仮にその時に戻ってやり直した時に、それが上手くいくとは限らない。今の人生が正解かもしれない。」

最後に

中村選手といえば、まだ無名の時代に私が勤務していた不動産会社に部屋を借りにきてくれたらしいんですよね。

当時私は、別の会社にいたので詳細不明ですが。

こぞって、みんな言ってましたね。

「あんなに有名になるならサインもらっておけばよかった」って(笑)。

週刊雑記(1年は早い、おみくじ)

 

f:id:mrgj:20180104133526j:plain

ジェネの法則

 

こんにちは。

 

今日は、ジェネの法則について書きたいと思います。

 

新年も始まりましたね。

 

昨年は、どうでしたか?

 

「年をとったせいか、あっという間に過ぎてしまったなあ」と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

それが、このジェネの法則です。

 

この法則は、フランスの哲学者であるポール・ジェネが提唱したものです。

 

例えば、6歳の少年と40歳の男性がいたとします。

 

6歳の少年にとって1年というのは、人生の6分の1ですが、40歳の男性にとって1年は人生の40分の1になります。

 

同じ1年ですが、年をとればとるほど、1年の重みが軽くなってしまうことで、1年という月日が経つのが早く感じてしまうという理論です。

 

時間のことで言うと、内容は違いますがアインシュタインの相対性理論もそうです。

 

相対性理論の本質的なことは、難しくて理解できませんが、簡単に言うとこのようなことらしいです。

 

「嫌な仕事をしている等、自分が嫌だと思うことに接している時、1分が1時間に感じるけれども、好きな人といる時など楽しい時間は1時間が1分に感じてしまう。」

 

ということらしいです。

 

時間の経過は、絶対的ではなく相対的ということの例えらしいですが・・・難しい。

 

昔から、「光陰矢のごとし」などと言われています。

 

相対性理論と嫌な事に関してはちょっと反しますかね?

 

いずれにしても時はあっという間に過ぎてしまいます。今年も大切に過ごしましょう!

 

気になったことコーナー

 

先日、近所の神社でおみくじを引きましたが、なんと「凶」でした。

 

くじを引いたら、おみくじを渡す人の顔が、「申し訳ありません」みたいな顔したので(私には分かりました)、「こりゃ、いいのじゃないな」と思ったらやっぱり・・・。

 

商い→利益うすい。

病→重い。

願い事→いずれ叶う(みたいな感じでした)

 

結果として、体に気を付けて過ごしていけば、利益はあんまりないけど、仕事があって、いずれ「願い」が叶うということですね。

 

謙虚に生きていく年にします。

週刊雑記(マーケティングと努力、東京えんとつ)

 

マーケティングそして努力の達人

 

 明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いします。

 

今日は、武井壮さんについて知ったことを書きます。

 

武井さんと言えば、10種競技の日本チャンピオンにもなった人で、百獣の王としての芸風で一世風靡して今にいたる地位を築かれています。

 

そんな武井さんが今日に至った経緯を聞いてとても、すごい!と思いました。

 

きっかけ

 

芸能界に入ることを心に決め、そのために何をするかを考え始めた時に、サイバーエージェント社長の藤田晋さんの本を読んだところ、大変感銘を受けたそうです。

 

「よし、24時間(芸能界で)売れるための作業をやろう」と。

 

行動力

 

家を手放す→フルローンで車購入→芸人が行くバーで話を録音

 

ということから始めたそうです。

 

帰ると寝る家を手放して行動するため車を購入して、芸人の話し方を聞いて、話の間とリズムを勉強するためバーに行く、そして、車で芸人の話し方の間とリズムを脳に刷り込む練習。

 

武器を磨く

 

そんな話し方の練習をしながら、次は芸能界で生き抜くための芸を磨く練習です。

 

武井さんは、「百獣の王」というネタで勝負することに決めたので、その練習です。

 

この芸を習得するのにも、日々努力していたようで、動物図鑑を購入してランダムに開いたページの動物を倒す方法について、自分で「振り」を作ってそれを自分で「返す」、というように一人コントをひたすら練習。

 

番組を研究

 

そして、仕上げとして新聞の番組欄を一週間分見回すそうです。

 

そして、自分が出演した時を考えて「この番組だったら、こう話す」というイメージトレーニング。

 

いつしか、「行ける!」という確信が持てた時に、自分でテレビ局に売り込みに行ったそうです。

 

そして、今があるんですね。

 

最後に

 

このように、知的で身体能力も高い武井さんですが、売れるまでにはすごい戦略と努力があったことを知りました。

 

自分自身の生き方がまだまだ甘いことを知ったエピソードです。

 

武井さんの魅力は、まだまだこんなんじゃないので、後日またご紹介します。

 

気になるものコーナー

 

 

今日は、こちらのスイーツをご紹介します。

 

「東京えんとつ」というものです。

f:id:mrgj:20171214075802j:plain

 

ちょっとよれてますね、笑。

 

私が食べたのはプレーンですが、他にも色んな味がありますよ。

 

味は、カスタードが入っていて、生地は柔らかめで、美味しかったです、一度は食べる価値あります。

 

www.tokyo-entotsu.com

 

 

 

 

週刊雑記(人生は二者択一、チョコ)

 

人生は二者択一の連続

 

 

こんにちは。

 

今日は、またも、私が楽しみにしていたドラマ「先に生まれただけの僕」からの話です。

 

このドラマの良かったところ

 

  • テンポがいい
  • 自分だったら・・・と考えさせられる
  • ほどよい経営理論
  • ペップトークなどの用語を覚えられた
  • 社会の厳しさを適度に教える

こんなところが、気に入ってみてました。

 

二者択一

 

今思えば、このドラマって二者択一のドラマだったと思います。

 

例えば①

 

商社から学校の校長先生になるという辞令の場合について。

 

選択1→校長として学校経営を頑張る

選択2→会社を辞める

 

私なら、選択1ですね。

 

自分で何ができるのか?チャレンジしてみたいという気持ちがあるからです。

 

例えば②

 

教え子が、「卒業したら進学しないで、結婚したい」といい出した場面

 

選択1→認める

選択2→取りあえず進学してから考えたらと説得する

 

私なら、選択2です。

 

基本的に勉強に早い遅いは関係ないと思います。

 

ただ、流れに乗った状態からスタートするのと、一度流れを止めてからスタートするのでは、労力に差が出るからです。

 

なので、とりあえず進学して、さらに言えば一度でも就職をして社会というものを学んでから結婚するほうが、いつか、働きたいと思った時の社会への対応が早いと思います。

 

例えば③

 

教え子が99.9%ダメな可能性にチャレンジしたいから学校辞めたいと言い出した時。

 

選択1→認める

選択2→許さない

 

自分の子供がやりたい夢のために学校辞めると言い出したらどうしますか?

 

その夢の達成がほとんど難しいなら。

 

私なら、選択1です。

 

ただ、ドラマでもやってましたが、高校は卒業すること、何歳までにダメだったら大学進学すること、などの条件をつけていましたが、私もこの判断は正解だと思います。

 

この時のセリフがいいんですよね。

 

「子供に希望を持たせてやるのが、親のつとめ」

 

ですよね。

 

最後に

 

 

こんなドラマで、自分も考えることができて、非常に楽しかったです。

 

色々な意見があるかと思いますが、私なりの意見をまとめてみました。

 

 

気になるものコーナー

 

f:id:mrgj:20171219075717j:plain

今日は、ハワイのお土産でもらった、チョコレートです。

 

チョコレートだけってあんまり、食べないんですが、このチョコはちょっと違いました。

 

私もよく、わかんなかったんですが、使ってる油がいいらしいです。

 

普通のチョコは油を色々混ぜて作っているらしいので、油が良くないそうです。

 

食べた瞬間は、普通の苦めのチョコですが、段々違いが、とういのは「非常にあっさり」しているんです。

 

食べた後の、しつこさがないんですよね。

 

そして、アポロをこのチョコの後食べたら、「しつこい」と思いました。

 

※でも、アポロは好きです。

 

ハワイに行くことがあれば、ぜひ買いたいものの一つです。

 

週刊雑記(会話力)

 

 

トレンディエンジェルさんの会話力

  

こんにちは。

 

今日は、この前のトレンディエンジェルさんから学んだことの、続編として会話力を取り上げてみたいと思います。

 

 はじめに

 

会話力の本って本屋にいくとかなりの数の種類が並んでいますよね。

 

それだけ、みんな会話に困ってるってことでしょうか?

 

そういう私も、会話で「もっといい切りかえしや返答ができたなあ」と後悔することもあります。

 

逆の立場で、「この人、会話つまんないなあ、ネタがつまんないなあ」と思うこともありますし、「この人、気が合うなあ、面白いなあ、勉強になるなあ」という人もいるのでそうなると、「力になれることないかなあ?」と思ったりもします。

 

今は、通販などインターネットが主流となりつつありますが、価格では比較できないことってあると思うんですよね。

 

そうなると、最終的な判断ポイントは「その人」になると思うので、会話というものはとても重要なものなので注目してみたいと思います。

 

トレンディ齋藤さんの会話のポイント

 

 斉藤さんの会話のポイントとして、次のようなことを言っていました。

  • 相手に興味を持つ
  • 共通のネタ探し
  • 相手の会話にのっかる

 

興味を持つ

 

まず、「相手に興味を持つ」というのは、確かにそうですよね。

 

興味を持つことで、相手の趣味などを聞きたくなりますからね。

 

相手の方が日焼けしている感じだとしたら、「ゴルフ、サーフィン、スキーなどをやっているのかな?」とか考えたりしますよね。

 

 こういう相手への興味というか、洞察力がキーポイントになりますよね。

 

共通のネタ

 

 こういう仮説を自分で立てたら次は、共通のネタを探し出せればいいということでした。

 

「ゴルフで焼けちゃったよ。」

 

「ゴルフですか、私もこの間行ってきましたよ。」

 

みたいな共通の話題が探せれば最高ですよね。

 

会話に乗る

 

共通の話題が見つかったら、後は、会話に乗っかっていくだけということでした。

 

「あそこのゴルフ場は、プレーしやすいよね。」

 

「ですよね、あそこは、やりやすいですよ。」

 

みたいな感じでしょうか?

 

斉藤さんは、ネタとして、「私もそうです。」、「それも一緒です。」、「全部一緒です。」みたいな感じで言ってましたが(笑)、それぐらいの勢いが大切なんでしょうかね。

 

でも、嘘がばれると大変なので、ほどほどということになるでしょうけど。

 

最後に

 

 このように、会話力って、きっかけを探せれば、スムーズに行くのかもしれません。

 

そのためには、自分自身の教養や情報を大量にストックしておくことが大切ですよね。

 

私は、会話を続かせるのって、重い球を転がすようなものかなと思っています。

 

重い球を動かしさえすれば、どんどん会話に加速がついていくのではないか?と思います。

 

その球を転がす方法というのが、自分自身の雑学的な情報や相手の趣味などを見極める洞察力だったりするのではないでしょうか?